不倫サイトで。不倫目的ではなかったのですが

人気№1
愛カツ
>>不倫サイトの詳細はこちら
人気№2
SWEET LINE
>>不倫サイトの詳細はこちら
人気№3
ステップ
>>不倫サイトの詳細はこちら
34歳の主婦です。結婚5年目を迎え、子どもがいないということも影響したのかもしれませんが、なんとなく日々の生活に刺激が不足している感覚をこのところずっと覚えていました。

主人のほうは仕事が忙しいということもあって、日々の生活のことまで振り返る余裕がないような感じでしたが、優しい性格は結婚当初と変わらずでしたから、私がそれ以上のものを求めることがそもそもの間違いだったのかもしれません。

特に何をするというわけでもなく空いた時間にちょっとパソコンを開いてみたところ、「出会い系サイト」の広告に目が止まりました。
mekakushi
女性は無料で利用できるということだったので、なんとなく覗いてみてそして「これならヒマつぶしにもなりそうだし、ちょっとした刺激になるかも・・・」という、ほんの軽い気持ちでこのサイトに登録してみました。

毎日のようにたくさんの男性からメールが届いて、おもしろそうな方に何人かメールを返しましたが、別に不倫しようなんていう気持ちはまったくありませんでした、そのときには・・・

しかし現実は、私の思惑をあざ笑うかのようにまったく逆の方向へ進んでしまいました。

今ではその中のひとりと身体の関係を持つようになってしまい、しかももうその関係はどんなことがあっても終わらせたくないと思うようになりました。

もちろん主人にはわかっていませんが、もうこうなったらいっそのことわかってしまったほうがよいのかもと、そんなふうにさえ思えるのです。

今もこうしてじっとしていることが苦しくて仕方がありません。

夫の不倫について

megane昔から不倫が行われることがなかったわけではありませんが、夫の不倫か妻の不倫かで言えば、やはり圧倒的に夫の不倫のほうが事例が多かったのではないかという気がします。

ただ、近年は妻の不倫も非常に多くなっていて、女性週刊誌などのネタになりやすいのは、どちらかといえば夫の不倫よりもむしろ妻の不倫のほうなのではないかという気がします。

とはいえやはり「本能のおもむくまま」というスタンスで不倫に走りやすいのは夫、つまり「男性」のほうであり、その意味では妻(女性)の不倫よりもシンプルで理解しやすい部分も正直あります。

まあ速い話が夫の不倫というのは、性欲が理性を越えてしまったときに行う愚行にすぎません。

男は女性に比べて浮気性だ、などと昔から言われますが、これは人間のあるいは男の本能の部分であり、ある意味どうすることもできないところでもあります。

つまり性欲を押さえることができないのは仕方がないことであり、そしてその性欲が理性を上回ってしまうことがしばしばおこるということに他なりません。

もちろん、それを正当化すべきであるなどと言っているわけではありません。

これは夫の不倫のメカニズムを説明しているだけです。

ですから夫の不倫を止めるためには、いかに性欲が理性を超えないようにコントロールするかということに尽きると思います。

とはいえ何しろ男性の本能にもかかわる部分にメスを入れるというのは、さすがの奥方でも少々難しすぎる注文なのかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ